2010年4月

平成22年3月26日(金)
【多摩校五期生 第1回春のハイキング】
  参加者11名(内女性5名)で、小田急線秦野駅から「弘法山公園・吾妻山コース」の花見ハイキングを実施した。昨秋、雨で流れたハイキング。天気に期待を込めたが、三月末になってから、雨と寒い日が続いた。計画当初、秦野市役所に問い合わせて決めた日程だが、出発と同時に、ぱらぱらと雨。心配したが、直ぐに上がる。弘法の清水に寄った後、初めでかつ最大の登りを順調にこなす。浅間山で小休止をしてから、「めんようの里」を見ながら権現山へ。ここで、桜が咲いていたので早めの昼食にする。弘法山では、展望台から遠く、江ノ島、三浦半島、房総半島を眺める。 下りは、うっすらとピンク色した蕾の桜並木を望み、「優れたるもの、朧月夜と咲き初めの桜」と誰かが詠んでいた。 また、歩きながら、「高校の時、金曜日から山へ行った話」、「東京マラソンで、4時間そこそこで完走した話」、「洋菓子屋の立ち上げの苦労話」等々で盛り上がる。女性群も頑張り、落伍する者も無く、ほどほどのハイキングをして、鶴巻温泉へ飛び込む。美人の湯で体を温たためた後は、ビールで乾杯。その喉に沁みる美味しさは格別でした。次回も開催することを誓って、無事、お開きとなった。(佐々木)
道中は思い出話に花が咲き 和気藹々で軽快な足取り
ひと風呂浴びて懇親会
よい湯に、うまい酒は至福のひとときでした

平成22年度 若手幹事会

2010年04月26日(月) | コメント(0)
【若手幹事会開催】
今年、卒業したばかりの53期の幹事を中心とした若手の幹事会が3月26日(土)母校・応接室で開かれました。当初、3月12日の予定が前日の東北関東大地震の影響で順延され、さらに年度末のあわただしい時期の開催という悪条件が重なったにもかかわらず13人の幹事が集まってくれました。各人の自己紹介、多摩高校時代の思い出、近況、これからの夢などが語られる和やかな雰囲気の集いとなりました。「KARA」や「SMAP」といった話題もとびだすなど若人の集いにふさわしい盛り上がりをみせました。そしてなによりも皆に共通していたのは悔いのない多摩高校ライフを過ごせたとの思いでした。
【出席者】
(53期)北川花琳、児玉大志郎、国府田高志、佐藤亮太、山尾来美、河本龍二、今野悠貴、中原眞菜美
(52期) 田中真知子
(51期)前山壮太
(49期)小林征司 嶋田奈央也
(41期)宮島知久 
(役員)金作幸男、安部卓見、陣内誠 田辺正和 中島秀隆
(9期・合唱部会長)津田良子 ※ 当日、合唱部の練習で来校していて飛び入り参加
右から、49期 小林 52期 田中 右から53期 中原、 53期 北川、 53期 児玉、52期 田中
右から、53期 佐藤、53期 今野、53期 国府田 左手前から、53期 河本、51期 前山、53期国府田、
左手前から、 前山、国府田、佐藤、島田 中島 児玉、 右から、51期 前山 53期 河本、41期 宮島
中央 9期 津田 左、53期 河本 、中央 53期 山尾
【稽古会 総会 親睦会】  
私たちは、多摩高剣道部OB・OGで組織する多摩緑陽会です。
歴史は古く、今年(2010年3月)の卒業生=新入会員で、45代目となります。会員数は、316名を数えるまでに到りました。私たちの活動目的は、会員同士の親睦交流、そして、現役高校生の援助・指導(剣道的、人生的)です。そのために、毎年3回(夏季、冬季、春季)多摩高校格技場で現役高校生ともに稽古を行い、その後、会員同士での稽古そして親睦会を実施しております。今回は、2010年3月20日に、8名のOBと3名の新入会員、そして、現役高校生と稽古会行いました。その後は、OBのみで、緑陽会総会、そして親睦会を行い楽しい一日を過ごしました。剣道部OB・OGの皆さん。これからも親睦を深めていきましょう。   緑陽会 事務局 中條 清和

第5回 目白・雑司ヶ谷

2010年04月13日(火) | コメント(0)
 
  〔目白・雑司が谷・早稲田界隈〕  平成22年3月13日(土)
 第5回は大学と墓苑・公園めぐりのお江戸散策となりました。本日は好天気に恵まれ、清清しい気持ちでスタートしました。今回のコースの最初の散策地は学習院大学。皇族、上流階級の大学と思っていましたが、作家吉村昭塩野七生、ジャーナリストの磯村尚徳、俳優の田宮二郎など多才な人材を輩出していることを知りました。次は目白の名前の由来となった目白不動尊。江戸時代は大いに隆盛していて、多くの参拝客が参詣に来て、目白押しの語源はここから由来したといいます。江戸時代にもう一つ参詣客を集めたのが、平安時代に開基された古刹の法明寺の飛地境内にある雑司ケ谷鬼子母神堂。山道に並ぶ老舗茶屋、ケヤキ並木や境内のイチョウの大木は、江戸の風情を留めていて参詣の楽しみを与えてくれました。続いて訪れたのは東京音楽大学。作曲家池辺晋一郎服部克久船村徹、歌手の淡谷のり子春日八郎、そして津島恵子黒柳徹子など、多くの著名人を輩出した伝統のある学校で、事務所も音楽ホールのようなところでした。次の雑司が谷霊園では、夏目漱石大川橋蔵小栗上野介泉鏡花ジョン万次郎、らの墓めぐりをして、しばし世に名を成した人々を偲びました。この地域の風景に似合う宣教師館を見学したのち、音羽通りを横切って護国寺に入りました。護国寺は五大将軍徳川綱吉の母桂昌院が肝煎りで建立させた寺院である。偉人との関わりも深く、大隈重信山縣有朋ジョサイア・コンドルなど多くの歴史上の人物の墓があり、歩きながらの日本史学習になりました。音羽のファミレスで昼食をとった後に訪れたのは、鳩山会館。現在、いろいろ批判の矢面に立たされている鳩山由紀夫総理が幼少の折、両親と暮らしていたお屋敷です。観光バスが連なるほど、多くの観光客が訪れていたときがあり、華麗なる鳩山ファミリーの内情を垣間見ることが出来ました。ここから音羽通りを横切り西方にある高台をのぼりきってから下っていく傾斜地を庭園にした椿山荘。都内屈指のホテルであり、庭園には幾多の椿が花を開いて、われわれを迎えてくれました。椿山荘の向かいには東京カテドラル聖マリア大聖堂。建築家丹下健三の設計により、1964年に落成したステンレス・スチール張り、鉄筋コンクリート造りの大聖堂で聖堂内ではサン・ピエトロ大聖堂ピエタミケランジェロ)と同寸の精巧なレプリカやフランシスコ・ザビエルの胸像などの収蔵品を観ることができて、思わず敬虔な気持ちに浸ることができました。続いて向かったのは講談社の創設者 野間清治の収集した美術品を集めた野間記念館。折りしも横山大観展が開催されていましたが時間の都合で割愛。ここから徒歩数分の地にある細川家の家宝を収蔵した永青文庫を館外から眺めての見学でしたが、時間が取れたらゆっくり見学したいところでした。途中、和敬塾永青文庫水神社を見学して、神田川沿いにある関口芭蕉庵に向かいました。松尾芭蕉が本職の上水技術者として神田川の改修工事に従事した折に住まいした庵が復元されている。草花や木々が生い茂り、静寂に包まれたこの庵で、しばしの休息を取りました。芭蕉は俳句ばかりでなく、江戸市民の生活を豊かにすることにも貢献したと言う。次に訪れた回遊式泉水庭園新江戸川公園(旧細川庭園)も梅、さくら、木蓮、椿、こぶしなどの草木が、池のまわりに植樹されていて、気持ちを和ませてくれる公園でした。この散策のフィナーレは早稲田大学。創立125周年を記念して建てられた大隈記念タワーに上りましたが、生憎、休館で展望を味わうことは出来ませんでした。そこでは同学卒業生の佐々木さんから「建学精神」や「大学の気質について」の講義を受けました。そして気分が盛り上がったところで、創立者大隈重信の銅像前で、早大校歌を歌って大いに気勢を上げてお開きとしました。その後は、懇親会と称して、高田馬場に至る途中の居酒屋で、本日の感想を語り合い、心行くまで飲んで楽しいひと時を過ごし、1日21,500歩の散策を終了しました。(文:石井義文) (資料
懇親会
スライドショー

平成22年度 入学式

2010年04月05日(月) | コメント(0)

   多摩高校では、4月5日(月)午後2時から第55期生の入学式が行われました。当日は小雨模様の寒い中でしたが、校庭の満開の桜が280名(7組)の新入生を歓迎しているようでした。今回の入学式は、多摩高校が学力向上進学重点校に指定されて以来3回目となります。式は約600名の保護者の参列のもと厳粛かつ明るい雰囲気の中で行われ、石塚校長から勉学に対しての厳しくまた慈愛に満ちた挨拶がありました。新入生は緊張の中にも、希望に満ちた眼差しが見受けられました。後輩たちのこれからの精進と活躍を期待したいと思います。

さくらは満開です 校長先生の挨拶
新入生担当の先生を紹介 音楽部が歓迎の演奏