2013年4月

第8回 神武寺・鷹取山

2013年04月26日(金) | コメント(0)
  【多摩高 五期生 春のハイキング】  2013年3月26日(火) 
今年は桜をあきらめてと思ったら、図らずも早い開花となり、あちこちの桜を見ながらの3/26の鷹取山ハイキングになった。11名のメンバで、この辺は自分の家の庭だと言う石井義文さんに案内してもらう。昔、小学校の遠足で来たという人が何人もいた。東昌寺・神武寺を見学した後、逗子の海、久里浜の海を眺め、山頂に到着。石切り場を利用した広場で車座になり、昼食にする。斉藤さん差し入れの「ならぼうな」のゴマ和え、松本さん差し入れの沢庵・菜等々に恵まれ、美味しい食事を和気あいあいで食べる。鷹取山のロッククライミング場で、クライミングの真似事をし、一寸スリルを感じながら岩を登り、皆大満足。それから、黙々と下山。途中、ヒマヤラユキノシタも咲いていた。一寸アクシデントがあり、それぞれの予定に合わせて別れる。温泉組は電車と歩きで、天然温泉に行く。肌のツルツルする温泉で疲れを癒し、横須賀中央駅まで出て、打ち上げ。ビールと日本酒で、またもや時の経つのも忘れて盛り上がる。 (佐々木)
 決定! 2014年度に創部50周年記念行事をやります!剣道部OB・OG会(多摩緑陽会)の活動報告です。
 剣道部OB・OG会(多摩緑陽会)では、毎年、夏季稽古会、冬季稽古会、総会兼新入会員歓迎稽古会(春季稽古会)と3回の高校生と一緒の稽古会、そして、OB・OG相互の親睦会を実施しております。毎回、15人から20人程度の参加者で実施しております。稽古で汗を流した後のビール(ウーロン茶)はまた格別です。
 2013年1月には冬季稽古会、新年会を行いそして、3月23日には、新入会員歓迎稽古会を多摩高格技場で行い、その後、場所を移動して、総会並びに親睦会、歓迎会を行いました。そして、総会では、昨年度の活動確認と、今年度の活動計画が承認されました。また、来年度は、創部50周年にあたりますので、記念の行事を企画する事も決定されました。日ごろなかなか参加できない会員の方々にも大きく呼びかけて、大きな会にしようと考えております。まだ、詳細は決まっておりませんが、今後、順次進み具合を報告させていただきます。
 今回、OB会報誌に、記事のスペースをいただきましたので、この場からも呼びかけをさせていただきました。
 会員の皆さんの大勢の参加をお待ちしております。みんなで盛り上げましょう
                        剣道部OB・OG会(多摩緑陽会)事務局 中條清和(11期)
 【第1回】多摩高霞ヶ関会
 
 第1回 多摩高霞が関会
 中央省庁に勤務する又は勤務していた多摩高卒業生で構成する「多摩高霞が関会」が約2か月の準備をへて、3月7日、四ツ谷「源源飯店」で開催されました。
晴天に恵まれ8階から都心の夜景を眺めること ができました。運輸省、水産庁、経済産業省、特許庁、国土交通省、法務省のメンバーと安部同窓会長の計9人で中華の丸テーブルを囲みました。
亀甲邦敏さん(3期)の乾杯ではじまり、その後、参 加者が順次、多摩高時代の思い出や霞が関での仕事の苦労話などを披露し、3時間があっという間にすぎました。これまで霞が関に勤務していても多摩高同窓生の存在は知らずに過ごしてきましたが、今回、予想以上に多くの卒業生が活躍していることに驚いたとの声が多く聞かれました。今回出席できなかったメンバーからも近況や霞が関会への期待を寄せてもらいました。

その後、半数を超える方々が二次会の居酒屋にくりだしました。鯨ベーコンを肴に捕鯨監督官時代のお話を伺うなど閉店まで話題は尽きませんでした。

現在、約30名の方々で会を構成しておりますが、今後も継続して会を開催いたしますので、まだ連絡をいただいていない中央省庁勤務経験者(出向者含む)の皆様は同窓会事務局まで是非ご連 絡ください。

平成25年度 入学式

2013年04月05日(金) | コメント(0)
平成25年度 神奈川県立多摩高等学校 入学式
 
 平成25年度 神奈川県立多摩高等学校 入学式

  平成25年4月5日(金)母校体育館で第58回入学式が挙行されました。
 同窓会を代表し(安部会長の代理)出席してまいりました。
 入学式は午後2時より多数の父兄と来賓の出席を得約1時間滞りなく行われました。
 その次第は次の通りでした。
 1.
 2.
 3.

 4.
 5.
 6.
 7.
 8.

 9.
10.
開式の言葉
国歌斉唱 
入学許可 

校長先生の言葉 
来賓祝辞 
新入生代表の言葉
学年団の紹介
来賓紹介

校歌披露   
閉式の言葉 
開式の言葉  田中副校長
全員でうたいました。
7組280名全員が担任の先生に名前を呼ばれると
起立して校長先生よりの入学許可を受ける形式
三辻校長よりお祝いと期待の言葉
内藤PTA会長より暖かい激励の言葉
力強い決意の言葉
各担任野先生と学年関係の先生の紹介
同窓会が最初に紹介され中島同窓会副会長も評議員として
紹介され、続いてPTA役員が紹介されました。
吹奏楽部伴奏による合唱部の歌唱
田中副校長 

   尚 新入生の入退場は拍手を持って迎え送りをいたしました。  
    以上。 副会長 清水秀紀 (3期生)

第55期生 卒業式

2013年04月01日(月) | コメント(0)
第55回 卒業式

3月1日(金)、55期生の卒業式が厳かに母校体育館で行われました。
9時30分、在校生や大勢の保護者の見守るなか、卒業生が緊張した面持ちで入場、全員による国家斉唱に続き、クラス単位に卒業生の名前が一人ひとり読み上げられ起立する、「卒業証書授与」が行われました。
「学校長の言葉」に続き「PTA会長」「同窓会会長」がそれぞれの立場から祝辞を送りました。
「在校生代表の言葉」では多摩高校の伝統を引き継いでいく決意などを柱とした言葉が卒業生に送られ、「卒業生の言葉」では卒業生代表が在学中に学んだことを通して得られた知見などを披露し、いずれも卒業式にふさわしいすばらしい内容でした。最後に「多摩高校斉唱」ののち、卒業生がクラスごとに順次退場し滞りなく厳粛な卒業式は終了しました。
卒業生が母校で学んだ成果をもとに、経験を積み重ね大きくさらに羽ばたき、実り多き人生を歩まれることを心から期待しております。(文責:多摩高校同窓会 会長 安部卓見)