2006年8月

【開催日】 2006年7月
【開催場所】 武蔵溝の口  ホテル メッツ  
  今年も7月の第一土曜日、7月7日七夕の日に午後1時から3時まで、武蔵溝口ホテルメッツ内「桂林」で開催されました。当日は沼野先生、桜井先生、古谷先生、同窓会から副会長清水秀紀様のご臨席を賜り、生徒は38名、合わせて42名のパーティでした。
  沼野先生は今年も執筆活動にご活躍で、「“ホタル帰る”を読んで」「川崎市と大山」等の文章のコピーを生徒全員に下さいました。桜井先生は、現在も洗足学園に籍を置かれ、相変わらずユーモアたっぷりのお話を、古谷先生は去年は体調を崩されたものの、見事に恢復、今は元気ハツラツと、それぞれの嬉しいご挨拶をいただきました。ともすれば、外見上は先生と生徒の区別がつかなくなる私たちの年代、心身共にお元気な先生達に生徒は多いに発奮させられたことと思います。  和やかな談笑のうちに時間はあっという間に過ぎ、会はお開きとなり、二次会、三次会へと流れていきました。今年は諸般の事情から場所が武蔵小杉から武蔵溝口に変わり時間も1時開始にしましたが、いかがだったでしょうか。同期生の皆さん、ご意見をお寄せいただけると有難いです。現役で仕事バリバリの方、首都圏以外の遠方にお住まいの方、体調を崩された方、等々、いろいろと難しいこともあるかと思いますが、来年もまた大勢の方々にお会い出来ることを楽しみにしています。(福田悦子記)
【開催日】   2006年7月
【開催場所】  溝口 ホテル KSP
  3年毎に開催されている、「多摩高校18期同期会」が本年7月1日、第4回を迎え、溝ノ口のホテルKSPで開催されました。恩師の河原崎先生、岸先生にもご出席いただき、総勢120余名の仲間たちとともに、盛り上がりのある楽しい同期会になりました。
会場に行く前に懐かしの多摩高で記念写真をとり、又、ホテルでは50周年記念式典での現役多摩高生のハレルヤを聞き、当時の学生生活の様子や現在の多摩校生の年間行事の映像をみんなで楽しむ事が出来ました。
来年いよいよ五十路を迎える私達ですが、また3年後の再会を約束し散会しました。
春組
夏組
秋組
冬組
  =還暦過ぎて 早や3年! 昔に戻って ダベろうよ!
  
このタイトルの開催案内で始まった「第4回多摩高4期同期会」は恩師3名、同窓会2名同期生72名、総勢77名の参加を得て盛大な会になりました。
4期同期会は1997年、2000年、2003年と開催されており、今回が4回目の開催となりました。 
  当日は、沼野博先生、櫻井義英先生、三浦敏雄先生の各恩師の方々、および同窓会より石田稔会長、石垣英樹前会長のご出席をいただきました。

懇親会は、益々ご壮健な沼野博先生の『乾杯!』のご発声で開宴されました。会場では、恩師を囲んだ固まり、同期生同士の固まりがあちらこちらで出来、食べたり、飲んだり、おしゃべりの、和やかで、楽しい歓談が見られました。会も進み、恩師の方々および同窓会の方々の近況スピーチから組別記念写真、全体記念写真撮影と移行し、予定の2時間はあっと言う間に過ぎてしまいました。

  懇親会の締めとして、洗足学園小学校現役校長先生の櫻井義英先生と女性軍のコーラス指導のもとに「多摩高等学校校歌」を斉唱し、再び逢うことを誓い合いました。近くのスナックでの二次会にも50名近くの参加があり、更に友情、親睦の輪が広がりました。第5回同期会開催の幹事はクラス持ち回りにより、5組に引き継がれました。次回同期会が、今回以上の集いとなることを祈念しています。 
=懐かしかった!楽しかった!逢えてよかった!MEET AGAIN!!=

——————————————–
★実施日:2006年7月1日(土)午後5時より
★会 場:ホテル ザ エルシー 琥珀の間
——————————————–
第4回4期同期会開催幹事:
鈴木伸一、大場光明、大川健、鄭(黒井)利一
長田(櫻井)真喜子、夏堀(吉田)邦子