多摩高三田会

第3回多摩高三田会の開催の報告(2018.09.15)

2018年09月18日(火)


 9月15日、第3回多摩高三田会が日吉キャンパスで開催されました。
来賓として多摩三田倶楽部(多摩区在住の慶大卒業生の倶楽部)の依田会長と吉澤慶大名誉教授にお越しいただきました。今後、同倶楽部とは情報交換・人的交流を推進していくこととしております。昨年を上回る30名の方々の参加により盛大な交流会となりました。
 22期林逸子多摩高三田会副会長(7月、日経「交遊抄」に登場)の挨拶を皮切りに、来賓の依田多摩三田倶楽部会長にご挨拶をいただき、高山和之同窓会副会長の乾杯の発声により歓談がはじまりました。
 2時間半にわたり、5期生から60期生までの年代を越えた交流・歓談の輪が広がっていきました。最後に、応援指導部4年生福本君の指導で応援歌「若き血」及び「多摩高校校歌」の大合唱で閉会となりました。その後、大勢が二次会場になだれこみ、懇親を深めました。
 会にさきだち、スマートタウンの一環として慶大が日吉に建設した最新設備を備えた国際学生寮を見学し、先端技術と日本の伝統文化が融合した学生寮のたたずまいに見学者一同、これからの社会を担う心豊かな国際人が輩出されるであろうことを確信いたしました。
 なお、この見学会を企画したのは北野さん(28期)。自ら経営する会社がスマートタウン構想に参画しています。

コメントする