剣道部多摩緑陽会

剣道部、県ベスト16&部活動のレポート

2019年07月24日(水)

剣道部、インターハイ県予選ベスト16(公立高校は2校)&部活動のレポート(スペイン代表も参加) 


★第66回インターハイ県予選での健闘
 6月22日(土)100余校が集い、代表1校の座を目指した予選会が 相模原北総合体育館で開催されました。
 試合は5人制で、多摩高は3年生2名、2年生3名(部員数は12名、男子3年生2名、2年生6名、1年生3名、女子1年生1名)で臨みました。
 最近は3回戦止まりで悔しい思いをしてきましたが、日頃の稽古の成果が実り、4回戦ベスト16に進出。ベスト8をかけて慶応義塾高校と対戦しましたが、残念ながら0勝4敗1分で敗退。しかしながら3年生最後の試合で、生徒たちの最低目標である「ベスト16」を達成できました事は部員にとって大きな自信に繋がったこと思っております。今回の戦果を足掛かりに1,2年生の来年度の活躍が大きく期待されます。
 平素の剣道部OB会(多摩緑陽会)先輩諸氏のご指導、また同窓会のご支援に心より感謝申し上げご報告とさせていただきます。
剣道部コーチ  11期  吉田 清司

第66回インターハイ県予選の記録は、こちら です。
 
 
★部活動のレポート

 7月23日、母校格技場で剣道部OB会(緑陽会)会長・椎名春夫さん(8段)の熱烈指導により剣道部の部活動が休憩をはさみ3時間余おこなわれました。 この部活動にスペイン剣道代表の大学生Laberniaさんも参加し、インターハイ県予選ベスト16に進出し自信をつけた1・2年生と稽古にはげみました。フランスには及びませんが、スペインでも剣道人口はふえつつあり、Labemiaさんは一月余、剣道修行に来日し多摩高校剣道部の部活動に参加したものです。
スペイン代表 椎名氏

コメントする