2016年2月


第3回 横浜散歩 旧横浜居留地・掃部山公園界隈ー解説版

1. 横浜三塔
 横浜市の歴史的建造物「キングの塔」「クイーンの塔」「ジャックの塔」は「横浜三塔」と呼ばれている。神奈川県庁本庁舎は「キングの塔」と呼ばれ、昭和初期に流行した帝冠様式の建物で、昭和3年(1928)に竣工した。神奈川県庁庁舎としては4代目の建物で、国の有形文化財に登録されている。この地は、安政6年(1859)、横浜開港に伴って神奈川奉行管理の下、神奈川運上所が設けられた所で、通関関税業務や各国領事との交渉をする外交業務、船の入出港手続き、洋銀両替、各国領事との交渉、違法行為取締りなどの業務を行っていた。 明治4年(1871)、通関事務などが大蔵省管轄となり、翌年には全国の運上所の名称が税関に変更された。 慶応2年(1866)の大火で焼失した後、横浜役所として新築され、その後、横浜税関に改められた。「クイーンの塔」は横浜税関本関庁舎の建物で、昭和9年(1934)に竣工した。イスラム寺院を想わせる緑色のドームが形づくられている。設計者は国会議事堂を設計した大蔵省営繕局の技師・吉武東里が担った。正面玄関の標札は、当時の大蔵大臣高橋是清の直筆と伝えられている。横浜税関本関庁舎1階にある資料展示室は「クイーンのひろば」と呼ばれ、開港からの横浜港・横浜税関の歴史をつづるスクロール年表や貿易の変遷、麻薬や拳銃などの密輸の手口、知的財産を侵害した偽ブランド商品やワシントン条約に該当するはく製や標本等を映像や実物展示により紹介している。「ジャックの塔」は、明治42年(1909)の横浜港開港50周年記念事業として、大正6年(1917)に完成した。関東大震災時に全焼したが、昭和2年(1927)に初期の建築を復元した状態で再建された。平成元年(1989)に高さ36mの時計塔ドーム部が再建されると同時に、国の重要文化財に指定され、現在は横浜市中区公会堂として利用されている。大阪市中之島公会堂などと並び、大正期の公会堂建築物の傑作の一つである。

キングの塔
クィーンの塔
ジャックの塔
2、 日米和親条約調印の地 (現・開港資料館)
  嘉永6(1853)年米国東インド艦隊司令長官ペリーが浦賀に来航し、大統領の国書を提出して日本の開国を要求した。 幕府はその威力に屈し、翌年3月横浜で日米和親条約を結ぶため、嘉永7年(1854)2月10日(太陽暦3月8日)正午、ペリー提督は随員を従えて横浜に上陸した。この地に作られた横浜応接所に入り、日米和親条約締結のため会談が始められた。日本側の全権は大学頭 林復斎が応対した。合計4回に及ぶ会談の結果、漂流民の救助、アメリカ船の伊豆下田・箱館(現函館)2港の入港、薪水・食料・石炭の補給、下田に総領事を置くことなどを取り決め、日米和親条約を締結した。わが国は長い鎖国の時期を終え、開国することになった。画面右端には水神社という小さな神社、背後の大木が「玉楠の
木」の元の姿と伝えられている。この絵はペリー艦隊の随行画家ハイネの原画による石版画である。そして、米国につづき英国、フランス、ロシア、オランダなど西欧諸国に相次いで門戸を開いていった。
その後、安政3年(1856)、下田駐在の総領事として来日したハリスは通商条約の締結を強く求めてきた。大老井伊直弼は天皇の勅許を得られないことで危惧を抱きながらも、開国が日本の将来に必要なことと判断し、下田奉行・井上清直,目付・岩瀬忠震を日本側全権に立てて会談に臨み、安政5年(1858)6月 横浜港沖に停泊していた米艦ポーハタン号艦上で日米修好通商条約に調印した。この結果、横浜は長崎・箱館・兵庫などと共に開港場となり、翌年から貿易が開始されることになった。



3、 岩亀楼跡
 幕末に開国して、外国人が大勢来るようになると、彼らの遊び場が必要となってきた。そこで、幕府は遊廓をつくることを思い立ち、決めた建設用地がこの辺だった。ここら一帯には、大・中・小の「遊廓」と芸者屋が急ごしらえで作られたが、その中で、最も豪華で「竜宮城」にも例えられた大店が岩亀楼だった。岩亀楼には、「異人客専門棟」と「日本人客専門棟」の2つの建物があり、2棟の遊女たちは、完全に区別されていた。異人客の相手をしていた女たちは、洋妾とよばれ蔑まれていた。洋妾たちの多くは、高給にひかれてやって来た貧しい漁村の娘たちで、美貌も教養も劣っていた。それに気付いた外国人客が不満を言い出したので、やがて日本人客相手の上級遊女を侍らすようになった。しかし、外国人に対する懼れや誤解がうずまく当時のこと。岩亀楼一の売れっ子・亀遊が自殺するという事件が起こった。亀遊の死は当時、外国人嫌いな日本人に利用され、大きく騒ぎ立てられた。
 「露をだに 厭ふ大和の女郎花 ふる亜米利加に 袖は濡らさじ」という、辞世の歌が捏造され、亀遊は、「異人に屈せず、誇りを見せた日本婦女子」として祀り上げられた。「亀遊が攘夷女郎にされていく」。このお話は歌舞伎にもなり、滑稽演劇にも上演されて世間の関心を集めた。しかし、反面、本気で尽くして、外国人と夫婦同然になった女たちもいた。カレーラス・モンブランが、幕府とフランスを結びつけることに成功したのは、ラシャメン「お政」の協力のおかげであり、横須賀製鉄所の技師ヴェルニーには、純愛で結ばれた「お浅」がいて、2人は仲良し夫婦のようであったと云う。このように世間の冷たい眼差しも国籍もそして生活文化の違いも乗り越えて尽くす素直で健気な日本女性たちがいたのである。

4、旧横浜生糸検査所 (横浜第二合同庁舎)
 横浜は幕末の一寒村から日本を代表する近代都市として急速に発展してきたが、その礎となったのは一貫して貿易によるものであった。開港すると貿易が始まり、大量の生糸が外国商館を通して輸出されだした。茶や海産物など、その後、蚕種(蚕の卵)の輸出も行われたが、主体は生糸であった。
文久2年(1862)には生糸が全輸出額の約86%を占め、その後も80%台の年が続くなど輸出品第一位の王座を長く守り続けた。しかし、避けて通れない日本の粗悪品生糸の課題を解決するため生糸検査制度が確立され、横浜と神戸に生糸検査所が設けられた。横浜生糸検査所が発足したのは明治29年(1896)4月のことである。フランスから製糸技術や生糸検査の方法を学び検査機械を買い入れて検査を始めたが、業務開始当初は利用者が少なかった。昭和2年(1929)からは輸出生糸検査法が施行され、輸出生糸はすべて強制的に正量検査を行うようになったので、相互に信頼できる貿易が行われるようになった。
5、 横浜指路教会
 横浜指路教会は、宣教師であり医師のヘボン博士を中心に設立された教会である。ヘボン博士は、明治維新より以前の安政6年(1859)にアメリカからクララ夫人を伴って来日した。当時はキリスト教が禁じられていた時代であった。ヘボン博士はまず日本語を学び、日本初の和英辞書を編纂し、英語塾をはじめた。「ヘボン式ローマ字」は、ヘボン博士の和英辞書に使われた日本語のアルファベット表記をもとに作られている。生麦事件で負傷したイギリス人を本覚寺に出向いて治療をしたのもヘボン博士である。「ヘボン」という名前は、本来は英語名「ヘップバーン」であって、当時の日本人の耳には、ヘップバーンがヘボンと聞こえたらしい。そこから博士は自己紹介でも「ヘボン」と名乗り、時には「平文」という漢字をあてて署名することもあった。ヘボン博士の英語塾では、後に総理大臣となる高橋是清や西園寺内閣の外務大臣となる林薫(初代陸軍軍医総監・松本良順の実弟)などそうそうたるメンバーが学んだ。この英語塾はやがて、明治学院やフェリス女学院となっていく。明治に入ってヘボン英語塾の青年たちを中心に教会設立の声が高まり、明治7年(1874)に横浜指路教会の前身となる教会が設立された。当初は何度か場所を変えたが、明治25年(1892)、現在の場所にヘボン博士の尽力で赤レンガの教会堂が建てられ、この時に横浜指路教会と名前も改められた。「指路」は、ヘボン博士がアメリカで属していた教会の愛称「Shiloh Church」の「Shiloh=シロ」に漢字をあてたものである。シロとは、旧約聖書にある「平和を招く者=メシア」と、「古い時代の聖なる町」という両方に用いられている言葉である。宣教師として33年もの間、敬愛されてきた、温厚なヘボン博士は横浜指路教会が完成した後、惜しまれつつ日本を去った。その後、大正12年(1923)の関東大震災により赤レンガの教会堂は倒壊してしまう。そこで3年後の大正15年(1926)年に再建されたのが現在の建物である。震災を教訓に当時最先端の鉄筋コンクリート造を採用しながら、デザインはゴシック風の教会らしい建物になっている。大きなバラ窓と、その上部を囲む尖頭アーチに、建物の角がそのまま持ち上がるようにそびえる鐘楼という厳粛な姿を今日も留めている。


6、 料亭 富貴楼跡 (現・中小企業センター)
尾上町5丁目、現在、中小企業センターが建っているところが、明治初期、有名を馳せた料亭 富貴楼
のあった所である。富貴楼の主はお倉(本名は斎藤たけ)」といい花柳界の女傑という異名があった女である。江戸で生まれ、6歳の時に家族が離散し、20歳のとき新宿で遊女となった。働いても放蕩者の夫が散財し、借金を返す日々で、芸者となって働いた。明治4年(1871)、宴席で横浜の生糸相場で財産を築いた田中平八の知遇を得たことが、お倉の人生を大きく好転させた。田中平八から資金を得て、関内・尾上町に料亭(待合)の「富貴楼」を開いた。富貴楼には富豪 田中平八が招く大久保利通・伊藤博文・井上馨・大隈重信・大山巌・西郷従道・山県有朋・陸奥宗光らの元勲そして、東京・横浜間の鉄道・国道工事に尽力して“横浜の父”と呼ばれた高島嘉右衛門などが出入りして、当時の新たな政治の舞台となっていった。現在に繋がる日本独特の料亭政治の形態を作ったのは富貴楼とも云われている。大久保利通の次男で、吉田茂の義父、牧野伸顕は「お倉は、もし男として生まれたら、大臣・参議にもなれた女傑であった。人を懐柔する力は実に大したもので、それは決して美貌や色恋で引付けるものではない。頑固だった父・大久保利通もお倉には参っていたよ」と云う。また、伊藤博文が、国会開設にあたり、喧嘩別れしていた大隈重信の助力を得たいと思っていたとき、両者の仲を取り持って、和解させる場を作ったのがお倉であったという。
お倉は、明治43年(1910)9月死去し、東福寺に永眠している。

 
7、 鉄の橋 (現・吉田橋)
幕末期、外国人居留地と現在の伊勢佐木町街とを結ぶために作られた架橋で、当初は木橋であったが明治2年(1869)、英国人土木技師 リチャード・H・ブラントンにより、橋長24m、幅員 6mの日本最初のトラスト橋が完成した。橋は「鉄の橋」と呼ばれ、市民に親しまれるとともに、文明開化のシンボルとして錦絵が描かれるなど大変人気を集めました。その他、ブラントンは、横浜居留地の日本大通などに西洋式の舗装技術を導入し、街路の整備も行っている。そして横浜公園の設計も行い、東京・築地~横浜間に日本初の電信架設を完成させ、灯台建設、日本最初の鉄道建設、そして大阪港や新潟港の築港計画に関しても意見書を提出するなど近代日本の黎明期に多大な貢献を果たしている。橋の下の高速道路の走っているところは、そのまた下には地下鉄が走っているが、昭和30年代前半までは、掘割になって、船が浮かび、ボート競技なども行われていた。

 
8、 東福寺 (赤門)
光明山遍照院東福寺は後嵯峨天皇の勅願で元心法師が寛元年間(1243~7)に開山し、太田道灌が中興したと伝えられる高野山真言宗の仏教寺院である。天正19(1591)年には徳川家康公より寺領3石の御朱印を拝領し、その折、葵の御紋の使用を許されたという名刹で、江戸時代は22の末寺を有していた。町名にもなっている朱塗りの山門、赤門でも知られている。往時の山門は二階の豪壮なものだったが、創建以来戦災を含めて七度焼尽され、現在のものは昭和35年に再建されたものである。ご本尊は90センチの観世音菩薩。東国八十八ヵ所霊場36番です。境内墓地には、「富貴楼お倉」」が眠っている。
9、 野毛山公園
 野毛山公園は横浜公園や掃部山公園に次ぐ歴史を持っており、元々都市防災の要地、また市民の憩いの場として国が整備したものを大正15年(1926)に横浜市が管理する事になったのがその始まりである。更に時を遡ると、現在の動物園区域は生糸商売で財を成した明治の商人、茂木惣兵衛の別荘地であり、樹林区域は同時期の豪商だった原富太郎(三溪)が、ここに別荘を所有していた。それが大正12年(1923)の関東大震災によって壊滅的打撃を受け、後年の震災復興とともに公園建設が行われたのである。そして終戦後は米軍に接収されたが、昭和24年に開催された日本貿易博覧会の会場となり、その後は、動物園と遊園地が設置され、昭和26年より市立野毛山遊園地となった。動物園の入園料は、現在に至るまで、無料となっている。公園内には展望台があり、高台という立地条件とあいまって眺望は素晴らしく、横浜の街並みを見事に一望する事ができる。今でも人々にとっての安らぎの場であり、また、子供達の楽しげな声が響く夢のある施設として、横浜市民にとって貴重な存在となっている。



10、 近代水道跡
横浜は土地柄、殆どの地区を沼や海の埋め立てによって成り立たせている為、水質は良いとは言えなかった。井戸を掘っても、飲料用になるものは少なく、人々は水売りから水を買うのが当たり前だった。しかし、横浜は市街地を中心に発展が目覚しく、人口も増加の一途であった。当然、水売りの水だけでは手が回らず、質の悪い井戸水や川の水を利用する者も多く、伝染病などが広まって行き、水道建設が必要とされた。当時の横浜の人口は7万ほどあり、神奈川県は充分な供給のできる水道作りに悩んだ。そこで、明治16年(1883)に広東の水道計画を成功させたイギリス人ヘンリー・スペンサー・パーマー元工兵少佐を雇い水道工事を委任した。 パーマーは、試行錯誤の末、水源を現在の津久井郡三沢村三井を流れる相模川支流の道志川に決定して、野毛山貯水池に至る44kmに及ぶ水道工事を断行し、明治20年(1887)9月、洋式水道を完成させた。現在は、山梨県道志村からの清涼な水が野毛山貯水池から市街へと配水され、横浜は水の悩みから解放され、横浜市民の喉を潤した。全てヘンリー・スペンサー・パーマー工兵少将無くしてはあり得なかった事である。これが近代水道の始まりである。




 
11、 伊勢山皇大神宮
 伊勢山皇大神宮は、明治維新後、神仏分離、国家神道の時代を迎え、横浜がわが国の貿易の要として開港されるに及び、人々の心を一つにして、国家の鎮護を祈ることを目的として、明治3年に、時の神奈川県知事 井関盛艮の発案により創建された。伊勢神宮と同じ、天照大御神を祭神とすることから「皇大神宮」「関東のお伊勢さま」とも称され、横浜の総鎮守として知られている。境内は4,500余坪、御社殿は神明檜造り。境内には、大山厳元帥や乃木希典陸軍大将が題字した日清・日露戦争戦没者慰霊の「彰忠碑」「表忠碑」そして「以徳報恩」をもって戦後処理の日本に対して天皇制を擁護するなど、寛大な処置をしてくれた中華民国 蒋介石総統の顕彰碑がある。
●井関盛艮(もりとめ)
宇和島藩主伊達宗城に仕え、大目付や寺社奉行を務めた後、新政府入りして、神奈川県知事、愛知県知事を歴任後、実業界入りして、東京―八王子間の鉄道敷設に貢献した。



12、 神奈川奉行所跡 (現・県立青少年センター)
 奉行所とは、現在で言うところの警察と役所を合体させたような機能を持った機関である。運上所が主に外交関係や税関業務を行っていたのに対し、奉行所は、開港間もない横浜で専ら行政事務や外国人遊歩区域内の風俗取締、裁判や農民・町人の出願事項の受付・処理などを行っていた。設立されたのは安政5年(1859)6月2日で、開港直後の事である。その所在地から「戸部役所」と呼称され、運上所と共に行政を司っていた。神奈川奉行は外国奉行とも呼ばれ、奉行所と運上所を馬で行き来していた。急坂を登ったり降りたりと、通うのに不便な事この上ないが、場所を戸部にした事には理由があった。一つは開港場の中央から離れた場所に設置する事で、外国人に内政を秘密にできたからである。二つには万が一、外国側との変事が起きた場合には横浜の町を眼下にできる好位置から、城砦へとその機能を変える事が容易だったからである。これにより、野毛を含む戸部地区には行政関連の施設が出現した。そのため、住民は移転する事を余儀なくされ、生業を失う者も多くあった。これに対する補償金もあったが3年待たないと支払われなかったと云われている。

13、 掃部山公園
掃部山は、江戸時代には「不動山」、明治時代に入ってからは「鉄道山」と呼ばれていた。これは日本に初めての鉄道が新橋~横浜間に敷設されたときに、この地が事業拠点となったからである。明治15年(1882)頃に旧彦根藩の藩士の孫で、横浜正金銀行の頭取であった相馬永胤が、旧士族らに呼びかけ、寄付金を募り、故井伊掃部頭直弼の記念碑建設のため、この「鉄道山と呼ばれていた丘を買収し、井伊家の所有としたのである。それに伴い、井伊直弼の官職名に因んで掃部山と呼ぶようになった。
井伊掃部頭直弼像は明治42年(1909)に横浜開港50周年を記念して建てられ、その除幕式は式典の10日後に行われた。しかし、その後、 第二次大戦中の金属回収令で取り払われてしまった。現在の銅像は昭和29年(1954)に開国100周年を記念して横浜市が再建した2代目である。銅像の制作者は鋳金師 慶寺丹長父子。慶寺丹長は薪を背負いながら読書する二宮金次郎の銅像を描いたことで知られている人物で、直弼を衣冠束帯姿で、朝廷から授かった位の高さを示し威厳を表して制作している。顔は直弼の四男で画家であった井伊直安が描いた直弼の肖像画から登用している。直安は幼少期、直弼に可愛がられていたので、優しい父の面影を追憶し描いたと云う。この像は台座を含めると11メートルある。この台座の作者は、「日本橋」、「横浜赤レンガ倉庫」、「横浜正金銀行本店(現、神奈川歴史博物館)」を設計した妻木頼黄である。妻木頼黄は東京駅を設計した辰野金吾、赤坂迎賓館を設計した片山東熊と並ぶ明治三大建築家の一人と謳われた人物で、発起人の相馬永胤が台座の設計をアメリカ留学時代からの友人であった妻木頼黄に依頼している。相馬永胤は、銀行頭取を退任したのち、教育に力を注ぎ、専修大学を創立している。相馬永胤の祖父隼人は彦根藩の公用人だった人物で、彦根藩の代表として、桜田門外で切り取られた井伊直弼の首を取り戻し、首と胴体を縫い付けさせて主君井伊直弼を豪徳寺に埋葬している。永胤は祖父隼人の意志を継いで、井伊直弼の無念を晴らすことを誓い、上野公園や日比谷公園に銅像建設を計画するが、政府の許可が下りず、立ち消えになりそうになったが、明治42年開国50周年の機会を得て、井伊直弼像建立が実現となったのである。大正3年(1914)、井伊家はこの地を市民の憩いの場として提供することとし、横浜市に寄贈した。横浜市は整備の後、同年11月に「掃部山公園」として開園した。この掃部山公園には、約200本の桜が植えられ桜の季節だけは花見客で大賑わいとなる。また、井伊直弼が茶道に通じていたことから、昭和40年(1965)より毎年8月には野点も開催している。園内には「横浜能楽堂」があり、毎年9月には「薪能」も開かれる。



14、第二代目横浜駅跡
 明治5年(1872)新橋~横浜間が開通され、現在の桜木町駅の場所に、初代横浜駅が作られた。その後東海道線を横浜~国府津(小田原市)に延伸する際に、駅の構造的な問題から、横浜駅に入った列車を一端、スイッチバックさせて、本線に戻り、保土ヶ谷方面に走らせなければならなかった。その不便を解消するため短絡直通線を開設し、そこに平沼駅を作るなどの試行錯誤を重ねたが、結果的にさらに不便になってしまい、東海道線が横浜駅を通過するような状況になってしまった。そこで新たに作られたのがこの二代目横浜駅である。しかし、残念ながら完成8年後の1923年に起きた関東大震災で二代目横浜駅は焼失し、閉鎖された。そして同所に再建するのではなく、直線的に大船方面に走らせるために、1928年、今日ある横浜駅の場所に3代目が作られた。現在の横浜駅は1980年に改築され、第4代目である。

 
第3回横浜散歩 旧横浜居留地・掃部山界隈

2016年2月18日(木)
 朝方は、まだ肌寒さを感じるが良い天気に恵まれ、みなとみらい線大通り駅に集合して駅前にある神奈川県庁から第3回横浜散歩をスタートした。神奈川県庁は横浜三搭のキングの搭を戴き、屋上展望台からの眺望は素晴らしく、みなとみらい地区、赤レンガ倉庫、横浜港大桟橋、象の鼻公園など横浜の名所を一望できる。そして、クイーンの搭、ジャックの搭も望観できる。しばし景観を楽しんだのち、この県庁建物に30余年勤務した今回参加者の石田稔氏に、庁舎内の知事室、副知事室など主要場所を案内していただいた。築後100年を経過した庁舎の柱や壁面の装飾は重厚で、テレビドラマの「華麗なる一族」のロケにも使用されたという。県庁見学を終えて、開港資料館に向かった。ここは、今から162年前に日米和親条約が締結された歴史的に由緒ある場所である。資料館中庭には、条約調印場の傍らに立っていた玉楠の樹が大樹となって歴史の生き証人として鎮座している。続いて横浜公園に向かう。横浜スタジアムを含む横浜公園一帯は、開国当時は海だったところは埋め立てられ、長崎の出島のような外国人居留地になっていた。公園の一角には幕府の公認遊郭も作られた。これが様々な物語を生んだ岩亀楼で、現在その跡地は和式庭園になっている。
 明治に入ってから、新政府はイギリス人リチャード・ブラントン技師を招き、洋式街路や公園、橋梁を次々建設し、今日の姿になっている。公園から、大通り方面に向かい、日本銀行横浜支店、横浜地方裁判所を経てジャックの搭で知られる開港記念館へ立ち寄った。このビルの一角には、岡倉天心誕生の地や日本初の商工会議所跡の碑が置かれ、観光スポットになっている。続いて、神奈川県警ビルや日本郵船歴史館の前を通って、煉瓦作りビル旧横浜製糸検査所(現・横浜合同庁舎)まで歩いてきた。所々に歴史的建造物があり、楽しめる散歩道である。ここらで昼近くになって来たので、合同庁舎内にある食堂に入って昼食を取ることにした。広い大食堂で、入ったときは空いていた席も正午を回ると、市役所職員が一斉に入ってきて、たちまち満席になった。早く入って正解でした。なかなか美味しく、安くて、迅速、時間も節約できて得した感じであった。

昼食後は、伊勢佐木町方面に向って馬車道を歩き、途中、東京芸術大学、旧横浜正金銀行(現・県立博物館)、横浜初の写真館跡、指路教会料亭 富貴楼跡(現・中小企業センター)などの解説板を読みながら散策をつづけ、かって、当時には珍しい鉄の橋が架けられ、外人居留地と伊勢佐木町と結んだ吉田橋に辿り着いた。ここも歴史的に由緒あるスポットである。これから先は、にぎやかな伊勢佐木町の商店街を真っ直ぐ歩き、途中、沿道にあるジュークボックスで「伊勢佐木町ブルース」を口ずさみながら、しばしの憩いを取った。曙町3丁目の信号を右折して、末吉橋を渡って赤門町に入る。

 ここには町名の因になった山門を真っ赤に塗られた東福寺がある。この寺は、徳川家から葵の紋章を許された名刹で、明治初期、伊藤博文や陸奥宗光らに贔屓を受けた料亭富貴楼の女主人お倉が眠っている。寺の後背部は野毛山である。寺を出て右折して、細い路地を登っていくと野毛山公園に出る。広い公園には展望台があり、ここからの眺望は県庁の屋上以上に広範囲の眺望が楽しめる。公園の散歩道には、人口が増加して水不足になった横浜に相模川上流からトロッコを利用して、44kmの水道路を建設したヘンリー・パーマーの胸像がある。水道路の完成で、横浜は大きく発展した。この都市の近代化は、多くの外国人技術者や学者によって齎されたことがわかる。
 しばし、眺望を楽しんだのち、野毛山を中央図書館方面に下って、向かいの伊勢山皇大神宮に向かった。明治3年に、神仏分離、国家神道の時代を迎え、国家鎮護を目的として伊勢神宮と同じ天照大神を祭神とする神宮を創建したものである。総檜造りの神殿や巨大な鳥居は見ものである。境内には乃木希典や蒋介石総統の顕彰碑がある。続いて神奈川奉行所跡に進む。幕府が開国後の横浜の外交業務や税関業務の行政を司る目的で作られた役所で、現在は県立青少年センターになっている。センターの北側の丘一帯は、鉄道山と呼ばれていた所で、明治15年、旧彦根藩の関係者が、藩主井伊直弼の銅像を建設する目的で買収し、高さ11mにも及ぶ井伊直弼像が建立された。現在は、掃部山公園になっている。この公園は約200本の桜が植えられ、桜の名所として大いに賑わっている。ここから、横浜駅への帰路の途中、2代目横浜駅の遺構を見学して本日の散策を終了した。このあとは、横浜地下街の居酒屋で一献を傾けながら本日の見どころを振り返り、談笑して良き一時を過ごしました。 (石井義文)
スライドショー        
【第5回 多摩高・弁理士の会】

平成26年1月30日に職域会のひとつである「多摩高・弁理士の会」を
溝ノ口のチャイニーズダイニング桂林にて開催致しました。
同窓会の安部会長もご出席下さり総勢12名の集りとなり、
各々の近況や業務や高校時代の話をつまみとし2次会まで盛り上がる楽しいひと
ときとなりました。
この職域会も発足してからはや5年目。
特許事務所に在籍する者、企業の知財部に在籍する者、
大学で学生に指導する者と知的財産に携わる様々な同窓生にご参加戴いております。
今後もこの職域会を継続して参ります。
弁理士に限らず同窓で知財関係のお仕事をされている方をご存じの方は
是非ご一報下さいますようお願い致します。

幹事:17期 木下茂

 多摩高14期 第6回 同期会 開催報告                      
 
 

 
 晩秋を迎えた2015年11月の土曜日昼下がり、武蔵小杉にあるホテル精養軒に我が同期が集い第6回同期会を開催した。小雨がちらつく空模様の中、定刻前から集まりはじめた面々の顔にはうっすらと「期待と不安」が混じった同期会特有の表情が窺えた。誰に会えるだろう? ~君は来るのだろうか? ~さんは来るだろうか? ~先生に逢えるだろうか?と。 多感な青春時代を共に過ごした仲間達だからこそ幾つになってもこの会に参加するときの「それ」は、冬眠から覚めた時のような新鮮さを以って浮かんでくるのかもしれない。
 
 今回は、いつもの会とは異なる内容を含んでいた。この会の事務局を長らく勤めてくれた髙橋和男・紀美代夫妻が幹事を退任することになったのだ。総会の中で皆さんにお知らせし、お二人にご挨拶をいただいた。今、この会が隔年で開催できているのもお二人の功績があったがゆえである。これを忘れずに「この会」を絶やさないよう頑張っていきたい。また、懇親会の中で新任の幹事をお願いできる人を探そうと奔走した結果4名の方にお願いすることができた。新任の幹事の皆さま、今後よろしくお願いいたします。
 
 プログラムは、懇親会へと進み恩師の先生方や同窓会副会長様からご挨拶・近況報告をいただき、渡辺好孝先生のご発声でグラスを乾して盛大な懇親会がスタートしました。場内は、仲間の語らう声や笑いで賑やかになり其処此処のテーブルでは、たくさんの笑顔が見られました。また、毎回好評を博してきた「大多和先生マジックショー」も定番として披露していただき、準備万端プロ顔負けのテクニックとユーモラスなトークに拍手喝采鳴りやまずでした。これら懇親会の模様は、二人の幹事が飲まず食わずレンズで切り取り14期のフォトサイトにアップしましたのでお楽しみください。
 
 二次会無しの3時間でセットした今回の同期会も校歌斉唱で締めくくり成功裏に終わりました。みんなの笑顔や感謝の気持ちを胸に多摩高14期 第7回同期会を2017年秋頃に開催の予定です。まだ参加したことのない方、都合が付かず今回欠席した方などを加えて多くの仲間との再会を楽しみに企画準備していく予定です。
 
<多摩高14期 第6回 同期会データ>
 
 1)日時  2015年11月14日(土)14:00~17:00
 2)場所  武蔵小杉 ホテル精養軒
 3)出席  同期生  72名
       恩師の先生方 大多和國男先生、小里剛先生、河原塚勝造先生、木村憲司先生、
              山田尚範先生、渡辺好孝先生 6名
       同窓会    百木祐二副会長 1名             総計 79名 
(14期幹事一同)
地学部創部50周年・OB・OG会イベント開催!




  昭和41年に創部された多摩高地学部は、今年50歳を迎える。50年間の「地学部」在籍者はすでにのべ350名を超え、毎年1回4月の第1日曜に欠かさず総会と懇親会を開いている。去年4月の総会で、10期生の橋本哲夫・地学部OB会長から「何か50周年にふさわしいイベントを!」と発言があって、今回は16期17期が中心となって企画を進め、この1月30日(土)に生田緑地の“かわさき宙と緑の科学館”で記念研修会を開催した。“かわさき宙と緑の科学館”には今回大変お世話になり、なかでも大泉教育主事(この方も多摩高OB)や国司解説員には大変お骨折り頂いた。心から深く感謝申し上げます。

 その生田緑地には3年前、世界有数の高性能プラネタリウム、メガスターⅢが導入出され好評を博しており、また天体観測施設アストロテラスには4基の天体望遠鏡が設置されて、天王星海王星など惑星の観測や、星雲星団や遠い銀河系外銀河の観望が楽しめる。この施設を研修会の名のもとに使わせてもらうことで50周年にふさわしい催しをと、考えた。
 
  まず、OB会員の親子連れ・家族連れで参加を募り、事前アンケートでもう一度見たい思い出の星空などを集約。これをもとに、プラネタリウム解説の草分けで85歳の今も生田緑地で月1回登壇して人気の河原郁夫さんに構成をお願いして、当日は一般向け投影見学の終了後、私たちOB会員のみ70名のために、特別投影を行って頂いた。会費は大学生以下無料として、その分はおとなの参加者で分担。内容は、2001年11月のしし座流星群に始まり、1997年春のヘール・ボップ彗星、そして我々は観ることのなかった1987年に南半球から見える大マゼラン星雲で観測され、日本ではニュートリノの検出に成功した超新星爆発など多岐にわたり、投影終了後も学習室に移動して、もうすぐ消えるかも知れないオリオン座のベテルギウスについてなど、熱心な質疑応答が続いた。

  今回は同窓会長の安部卓見さんも出席下さり、有り難いことにお祝いまで頂き、また心のこもった祝賀のご挨拶を頂いた。また、50年前の多摩高地学部発足には、当時偶然別々の2つのグループから天文部を作りたいという声があがったことや、「自動車部」「将棋部」というライバル候補がいたが、気象や地質も含む地学という大くくりにして、「地学部」だけが発足を許された話などを、当時を知る橋本OB会長が紹介。

  そのあと、集まった一番若い49期から順に年を遡りながら6期生まで期毎に当時の思い出をスピーチし、50年の歳月を寿ぎ旧交を温めた。一同の集合写真のほか、各期ごとにスナップも撮影し、また発表の様子は動画でも記録した。

夕方から予定していたアストロテラスでの天体観望会は、曇天のため残念ながら中止になったが、観望会は月2回生田緑地で行われているので、次回を期すことで解散。あとは同期同士集まって、夜の懇親会に繰り出し久しぶりの再会を楽しんだ。地学部OB会全体の次回の総会・懇親会は、4月3日(日)正午から、いつも通り武蔵小杉の居酒屋「わり勘」で行われる。     
 (文責:16期・佐々木光政)