第23期生


【23期 第4回大同窓会の開催のお知らせ】

23期の皆様‼️
大変長らくお待たせしました!

2020年に開催を予定していた大同窓会は新型コロナの感染拡大により延期を余儀なくされましたが、満を持して、来年、2024年3月24日(日)に開催の運びとなりました。
会場は東京(神保町)の学士会館にしました。詳細はHPをご覧ください。
https://www.gakushikaikan.co.jp/
詳細が決まり次第、改めて正式にご案内しますが、まずは来年3月24日(日)でご予定ください。

*なお、大同窓会を準備するサポーターを募集しますので、お手伝いしていただける方は6月末までに準備チームのメンバーに声をかけてください。
準備チーム:鍋島・古川・澤村環(山田)・吉田由里(掛川)
*写真は5/28のミニ同期会です



23期の皆様 多摩高に集まろう!!

同窓会イベントとコラボして23期ミニ同期会を開催します。
新しくなった多摩高ですが、まだある懐かし学食のランチを食べて、同窓会イベントに参加し、多摩川をハイキング(ミニ強歩)してゴールは武蔵小杉の中華で同期会をしましょう。という盛沢山の企画です。
日時:5月28日(日)12時 ~ 多摩高総会受付に集合
※受付場所に幹事メンバーが待っています

■第1部 多摩高にて一緒に総会イベント参加
12時頃~14時05分
学食ランチからスタート、アトラクション→総会と続きます。
※みんなで総会に参加しよう!
→詳細はHPご参照
 https://www.tamadou.jp/infomation/3476/

■第2部 ミニ強歩
14時15分に多摩高正門集合&出発
多摩高から武蔵小杉まで多摩川に沿って約10㎞(大師競歩の半分くらいの距離)のウォーキング。

■第3部 ミニ23期会(久々の飲み会)
17時00分~19時30分
お店は「WANG’S GARDEN 武蔵小杉店」、会費は飲み放題付きで5,000円。
https://wangsgarden.jp/musashikosugi/
参加の申し込みはサークルスクエアから。(申し込み期限は4月30日)
https://www.c-sqr.net/home
幹事:鍋島、古川、若本、澤村環(山田)、米村由美子(小野)、吉田(掛川)

写真は前回の23期会開催時の集合写真
23期の皆様

先般案内を差し上げた「第4回23期大同窓会」(2020年10月24日開催予定)ですが、コロナ渦の中、幹事団で開催と延期の両方向の検討を重ねてきました。

結果、昨今の感染症拡大の状況に鑑みて延期にすることといたしました。
状況が落ち着けば、来年の秋に開催したいと思いますのでその時はまたご案内差し上げます。
来年、同窓会でより多くの同期の皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

23期同窓会幹事団


※写真は、前回の23期会開催時の集合写真です。
【たまふみ会】

毎年恒例23期ゴルフコンペ
今年も本日12月23日に開催されました!場所は、クリアビューゴルフクラブ。

このコンペをきっかけに、50歳過ぎてからゴルフデビューした人も何人かいます。
初めての人も大歓迎。まだまだチャレンジできますよ!

2019年から12月23日が休日ではなくなるので、11月23日勤労感謝の日に開催します‼️
23期のみなさん、奮ってご参加下さい〜


 
2017.12.23、23期のゴルフコンペ「たまふみ会」第2回が開催されました。

多摩高23期にちなんで多摩23(ふみ)会と命名して2年め。開催も毎年12月23日。
天気も良く、ゴルフを楽しみましたが、その後の反省会でも高校時代の懐かしい話しで大盛り上がりでした。来年も元気に開催しましょう。

初心者大歓迎です。(鎌倉パブリックゴルフ場にて)


2017年10月28日(土)、第3回23期大同窓会を「多摩校見学会」、「本会」、「2次会」の三部構成で開催いたしました。
当日は6年前の第1回、3年前の第2回と同様に全世界(遠くはイタリア!)から大勢の同級生が集い、童心に帰って?旧交を温め、楽しく懐かしい時間を過ごすことができました。
まず「多摩高見学会」では建て替え工事が完了して見事に生まれ変わった母校を見ることができましたが、真新しい校舎、最新鋭の素晴らしい施設に感銘を覚えました。余談ですが、今年の修学旅行の行先は、何と世界遺産の屋久島であることが判明。今の多摩高生が羨ましい限りです。
次に「本会」と「2次会」は向河原のNEC玉川クラブで開催しました。前回までは立食形式でしたが、今回は座りたい!という要望を踏まえて着席形式になりました。
「本会」は新たにコンビを結成した辻くんと森本(美穂)さんの息の合った名司会で進められ、会の冒頭で来賓としてご参加いただいた、我々の恩師である金田(キンタ)先生と多摩高校同窓会の金子副会長(22期冬組団長)にご挨拶をいただきました。その後は新校舎等のスライド上映、テーブルごとの近況報告と進み、最後にはサプライズ企画として肥塚くんのミニライブが行われ、途中からは司会の辻くんも乱入(笑)し、皆で二人の美声に酔いしれました。
その後、間髪入れず「二次会」に突入しましたが、「本会」で喋り足りなかった方々による近況報告を中心にハイテンションで会が進み、あっという間にお開きとなりました。
次回の大同窓会は3年後オリンピックイヤーの2020年に開催する予定です。


 
今回は第2回と同様、「多摩校見学会」「本会」「2次会」の三部構成で開催します。
詳細および申し込みはサークルスクエアでお願いします。
<実施概要>
2017年10月28日(土)
 13:00~15:00  多摩高新校舎見学会 (無料)
 16:30~19:00  大同窓会・本会   NEC玉川クラブ
 19:30~21:00  2次会       NEC玉川クラブにて引き続き

■詳細および申込(サークルスクエア)URL
http://www.c-sqr.net/cs18742/Question_detail.html?question_id=87818

・NEC玉川クラブ
  JR線・東急線 武蔵小杉駅より徒歩10分 JR南武線 向河原駅より徒歩5分 
  TEL 044-434-1510  
・幹事代表 鍋島正志
(前回の23期会の様子)
去る2014年7月20日,第2回23期大同窓会を開催いたしました.雷鳴轟く夏の夜で
したが,3年前の第1回と同様沢山の同級生が集い,楽しく懐かしい時間を過ごすこ
とができました。
 
 今回も多摩高校教諭として在籍していた同期の岩田君の協力のもと、同窓会に先
立って新旧校舎の見学会を行いました。
 
川寄りの2列の学舎は解体目前で見納めということで,多くの人が写真に思い出を詰
め込んでいました。前回の見学会の時にはまだ建っていなかったグラウンド側の新校
舎と見比べると隔世の感がありましたが、すべてが真新しい校舎に建て変わってしま
うと、我々の記憶にある薄暗く,埃っぽい(失礼!)多摩高校が消え去り、何とも言
えない寂寥感にも包まれました。
 
その後,場所を武蔵溝ノ口駅前のレストラン「桂林」に移して,同窓会本会が開かれ
ました。多摩高校同窓会からは4名の役員の方々が参加して下さり,ご挨拶をいただ
きました。
 
 小野(旧姓)さんと谷くんの名司会で会が進められ,お楽しみコーナーでは山本啓
介くん・優美さんの同級生夫妻が息のあった進行で,参加者は時と歳を忘れて大いに
盛り上がっていました。ゲームの特等の景品はこれも同級生の柳田シェフの店「ル
ガール・コムン」のディナー招待券という大盤振る舞いでした.
 
 同じ場所でゆっくり懐かしい面々と会話を楽しむ企画の二次会では,新たに寄贈さ
れた当時の体育祭の写真のスライドショーも行われました.35年の年月で写真もセピ
ア色になり,自分達も身体を労らなければならない世代になったなと感じさせられた
一時でもありました.さらに近くの居酒屋で三次会に突入,仕事で本会に参加できな
かったメンバーも合流し、楽しく懐かしい宴は深夜まで続きました。 今回も全国か
ら約120名の同級生に参加していただきました.
 
また3年後に同窓会を開催する予定ですが、次回からは幹事団も一新し,幹事代表も
私、長尾から鍋島君へ引き継がれることになりました。同窓会を開く度に高校時代を
超えた友達の輪が広がっていくことを見聞きすると,幹事として頑張った甲斐があっ
たととても嬉しく思います.現幹事団の皆さん,足かけ5年の間,ご協力本当にあり
がとうございました.
 
 幹事団代表 長尾毅彦


※掲載が遅くなりましたこと、深くお詫び申し上げます。

 
  多摩高校23期第2回大同期の開催されました。

  開催日時:2014年7月20日 (日) 15時より(三連休の中日です)
  開催場所:武蔵溝ノ口駅前 「チャイニーズダイニング 桂林 溝の口店

 ●これに先立ち,13時より第1期工事の完了した多摩高校新校舎の見学会も
  あわせて実施する予定にしております。
  詳細は順次掲載しますので,23期同窓会ホームページをご確認ください。
  出欠確認などもこちらから実施する予定です。
  住所,勤務先などに変更のあった方は,連絡を円滑に行えるよう、この機会に
  同ホームページ内の名簿の更新を是非お願いいたします。
  情報の拡散にもご協力ください。
  遠方から駆けつけてくれる皆さんには、同じビル内にホテルもあります。
  まだ部屋には余裕があるようですが、早めの予約をお勧めします。
  次回同窓会も、前回以上のたくさんの同級生にお会いできることを
  幹事一同楽しみにしております。
【23期同窓会ご報告】

 11月6日、卒業30周年と校舎建て替えを機に20年ぶりの23期同窓会を開催しました。行事は午前の母校見学会と午後の同窓会です。見学会には120名が参加。懐かしい校舎の見納めをしつつ、音楽室を借りて午後の合唱の練習を行いました。またカメラマンを手配して校内のスナップを撮影。天候が心配されましたが無事に卒業アルバムの全体写真も再現できました 。
 午後からは会場を武蔵小杉のホテル精養軒に移して同窓会本会と二次会を行いました。合唱部と有志によるハレルヤコーラスで幕開けし、学年主任をされていた安藤先生に乾杯のご発声をいただきました。同窓会には3年時の担任を中心に安藤、金田、河村,薩川,森田,山本の諸先生方のご臨席を賜り、安部同窓会長からは「史上最多の参加者数」というお褒めの言葉をいただきました。
 同期生の参加者は三次会までで延べ177名。在籍者のほぼ半数が海外を含め全国から駆けつけ、再会を喜ぶ声がいたるところで弾けていました。また、現在母校で教鞭をとる岩田君から校舎再建計画についての説明があり、その後は恩師を囲んでクラス別の写真撮影が延々と続きました。
 校歌斉唱で本会を締めくくった後も100人以上の仲間が二次会に参加して体育祭の映像や卒業式の答辞の音声を懐かしみ、海外在住の級友とスカイプを通じての交信も成功、大いに盛り上がりました。友人達との再会を喜び、今は亡き仲間に思いを馳せ、半日以上に亘った私たちの「夢の時間」は、あっという間に過ぎてしまいました。別れを惜しみつつ,元気な姿での再会を誓い合って無事に終了しました。

 今回、準備におよそ半年をかけました。学年のホームページを作成し広く情報を集め、さらにハガキや電話での追跡の甲斐あって362名中332名と連絡を取ることができました。沢山の同級生が得意分野を活かして快く,そして精力的に準備作業を手伝ってくれ、この力こそが多摩高なのだと再認識しました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。 なお、今回の同窓会の余剰金は多摩高校同窓会に全額寄付する予定であることを申し添えます。(文責:発起人 長尾毅彦)
校舎見納め見学会で卒業アルバムが再現

人、人、人の同窓会本会
100以上が参加した2次会