同窓会活動

8月上旬より、同窓会事務局より会報誌と会費・寄付金の振込用紙を送らせていただいています。  

 コンビニ振込の用紙も同封させていただいてます。コンビニの振り込み取り扱い期限は9月末日になります。

 便利なコンビニ振込でご協力お願いします。  なお、郵便局振込は10月以降も受け付けております。  

 本年度の同窓会の事業計画、収支計画は、こちらをご参照ください。  
 https://www.tamadou.jp/?p=1074

 
  どうぞよろしくおねがいします。








 
同窓会報Vol.24 配送開始しました。

多摩高同窓会では、毎年、同窓生の皆様に会報誌を無料でお送りさせていただいてます。

毎年「会報が届くの楽しみ」という声もたくさん聞かれるようになり、『出会いの場』の一つになるよう、役員・事務局が全力で紙面作りにあたっています。

本号では特別座談会企画を掲載しています。お楽しみに!
原稿を寄せてくださった方々、編集に尽力された皆様に心より感謝いたします。
 
同窓会報誌が届かない方、また、実家には届いているが、送り先を変更されたい方は、以下をご覧になり連絡先住所を登録、変更をお願いします。
http://www.tamadou.jp/?p=650

会報誌のバックナンバーはこちらに掲載されています。
http://www.tamadou.jp/?page_id=682

同窓会報Vol.24 一部公開









3回目の川崎区・幸区支部懇談会が開催されました。

 

平成29年11月24日の多摩高校創立60周年記念式典と同日に、三度目の川崎区幸区支部懇談会を川崎駅前の川崎フロンティアビル(川崎商工会議所ビル)12階にあるKCCIトップラウンジで 殿川一郎(16期)同窓会長、濱田昌利(22期)川崎区支部長、木下茂(17期)支部長をはじめとして、3期生から48期生までと70代から30代と幅広い年齢の30余名が集まり催されました。

今回は、記念式典に来場された方々も気軽にご参加をいただこうと、会場を西口のミューザ川崎から、東口に移して行われ、前回以上に 幅広い世代と様々な職種の多摩高校卒業生が集まり、世代を超えた繋がりと話題で盛り上がり、会場で放映された多摩高校 旧校舎の全天球動画・写真記録を見ながら、それぞれの時代の多摩高生活の話題や共通する恩師の話題で、座が盛り上がりました。 

70代と30代の卒業生が一緒に会話したり、また卒業後のそれぞれの様々なお仕事や海外生活での経験や自慢話から、役立ち情報の交換と、和気あいあいとした雰囲気で行われ、これからも年代を超えて、より幅広く多摩高校の繋がりと川崎区・幸区という川崎南部地区を基にした交流の輪を拡げるべく、全員で校歌を斉唱し、次回再会を期して散会しました。



 
平成30年5月27日  平成30年度幹事会  開催報告
 
 平成30年5月27日(日)多摩高校同窓会平成30年度幹事会が、武蔵小杉の川崎市総合自治会館で開催されました。1期生の鈴木由起子さんから、最も若い方は高校卒業1年目・60期生の渡辺悠介さんまで、総勢31名に参加いただきました。司会は、高山和之副会長(32期)が務めました。
 
  会の冒頭では、殿川一郎会長(16期)から、昨年度の主な同窓会活動として5月の総会・幹事会、11月の60周年記念式典・記念誌発刊、3月の卒業式への参加等を振り返って、ごあいさつをいただきました。
 
  議長に平岡真理子副会長(16期)が選出され、議事に移り、平成29年度事業報告・決算について安部卓見事務局長(9期)から説明がありました。質疑では同窓会費の支払い方法について、従来のゆうちょ銀行および市中銀行、インターネットバンキングの振込に加えて、平成28年度からコンビニエンスストアの振込を実施しているところですが、その実績を示してほしいとの要望があり、3年程度は様子を見る方針であることから次回の幹事会では詳細なデータを整理して報告したいとの回答がありました。事業報告・決算については原案通り承認されました。
続いて、平成30年度事業計画・予算について安部卓見事務局長から説明がありました。質疑では、郵便料金等の値上げが報道されているが会報予算の範囲で収まるのかとの指摘があり、郵メールで送付することを予定しているが、常に低廉な方法を選択するようにしたいとの回答がありました。事業計画・予算については原案通り承認されました

 次に、殿川会長から同窓会役員に若手を加えるため、新たな副会長として山田大輔さん(39期)を推薦したいとの提案があり、幹事会で選出されました。
今後の日程については、平成30年11月頃に臨時幹事会を開催することとしており、60周年記念事業の報告等を予定しています。

  最後に、懇親会に参加できない方々から自己紹介とごあいさつをいただき、幹事会を終了しました。
  その後、場所を恒例の武蔵小杉駅前「串駒」に移し、懇親会を行いました。例年の通り、参加者全員に近況報告をしていただき、懇親会の最後は、校歌斉唱とエールの交歓をして閉会しました。多摩高の60余年の歴史を反映し、幅広い世代の方にご参加いただき、世代を超えた多摩高同窓会活動の意義を感じられる楽しいひとときでした。
   (文責:三上哲史(22期))






















 

PTA総会での同窓会活動の概要説明
 5月19日(土)午後、新校舎視聴覚室で開催された母校のPTA総会に殿川会長、中島副会長、安部事務局長が参加させていただき、61期から63期の在校生の保護者の方々にネットワークを広げつつある同窓会活動の現状を紹介し、連携をとりつつ学校の発展に寄与していきたい旨、協力を要請いたしました。

63期生(1年生)に鳥海光弘東京大学名誉教授(7期生)が講演


 4月24日、国立オリンピック記念青少年総合センターで行われるフレシャーズ・キャンプで鳥海光弘東京大学名誉教授(7期生)が2時間にわたり講演を行いました。
 
 この行事は、「多摩高校生になる」にあたって、今後の学習の指針とキャリア形成に資することを目的として、「キャリア演習」「講演」「探求活動演習」などが2日にわたりおこなわれるものです。
 
 鳥海東大名誉教授はご自身の多摩高校時代の思い出をまじえ、宇宙論や地震のメカニズムなど最新の研究成果をわかりやすく説明され、近年、自然科学分野での日本人の研究成果が低調で中国、シンガポールなどの後塵を拝していることから学生にサイエンス分野に目をむけて頑張っていただきたい、とエールがおくられました。講演後、学生から活発な多くの質問がありました。
 
 最後に御礼にと校歌が披露され、合唱部がうたっているのかと聞き間違えほど美しい1年生の歌声が館内にひびき、壇上の鳥海先生と今回、学校からの依頼で先生への依頼の労をとらせていただいた同窓会役員(事務局長)が校歌に聞き入っていました。
平成30年度 幹事会(2018.05.27)のお知らせ
 
日時:2018年 5月27日(日)
   幹事会15 : 00~17 : 00
   懇親会17 : 20~19 : 20
  (会費:3千円、但し 54期~60期 1千円)
      
場所:幹事会 川崎市総合自治会館 第1会議室 
       (川崎市中原区小杉町3-1) 電話 044(733)1232 
       武蔵小杉駅 徒歩7分  
   
    懇親会 串駒 (武蔵小杉駅近く、小杉町3-430)       
       電話  044(711)3929

1.議事
 議題1.平成29年度事業報告について
 議題2.平成29年度決算報告、監査報告について
 議題3.平成30年度事業計画について
 議題4.平成30年度予算案について
 議題5.その他
 
2.同窓会活動についての意見交換

3.参加者の自己紹介

※写真は、前回2017.11.3臨時幹事会の集合写真です。
 
 前回会議の様子は、こちら  をご覧ください。


 
平成29年度臨時幹事会の報告(2017.11.3)

 2017/11/3 川崎市総合自治会館にて、平成29年度臨時幹事会を行われました。

「多摩高校、この10年の歩み」と題して、多摩高校長 福田敏人先生に講演いただき、その後、以下について、議事の上、承認をいただきました。

1.会費・寄付金のコンビニ振込について
2.創立60周年記念の概要
3.記念誌の販売と補正予算(案)
4.今後の日程 詳しくは、ホームページにてご報告いたします。

 閉会後は、お楽しみの懇親会へ。 多摩高大好きな仲間と楽しいひとときを過ごしました。
 

 

 
 3月17日(土)、母校会議室で若手幹事会が開催され、卒業したばかりの60期生の同窓会幹事12名および59期生5名の参加がありました。

 冒頭、同窓会長から自身の高校卒業後、同窓会とのかかわりをもつにいたった経験をふまえ、同窓会の目的・ネットワーク活動の意義などを織り交ぜた挨拶のあと参加者の自己紹介、60期生の同窓会幹事代表・副幹事を選出しました。

 いうまでもなく同窓会を持続的に活性化させるためには、若い世代の同窓会への積極的な参加がかかせません。ここ数年、卒業生の同窓会加入率がほぼ100%を達成し、若手幹事会も活況を呈していることは喜ばしいことです。若い世代の同窓会での活躍が期待されます。
 
参加者 (◎:代表 ○:副代表)
(60期生)
鶴崎弘晃 内藤 毅 仁藤晴暉 ◎城戸口健太 中垣槙悟 鳥居佳央 ○渡邊悠介 
横須賀恵 高橋英也 北沢 葵 ◎島田美加子 中村瑠衣
(59期生)
◎船木創太 ○山口泰暉  嵯峨伊吹  櫻井萌々香  安井亮暢 


 
■神奈川県立多摩高等学校は平成29年3月に新校舎が全面的に落成したことを待って、2年越しの創立60周年記念とあわせて11月に記念式典を行いました。それに伴い、創立50周年以降の12年間の母校のあゆみを中心に編集された「創立60周年記念誌」が発刊されました。多摩高同窓会では、記念誌購入を希望される皆さんに販売いたします。



●記念誌販売について
  • 販売価格:1,000円(送料、税込) 「思い出の旧校舎」動画-静止画DVD付
  • 販売部数:300冊限定(限定数量になり次第、販売を終了いたします)
  • 販売方法:「申し込みフォーム」に記入して、申し込みください。

申し込みフォーム

※旧字体・半角カナは文字化けしますので使用されないようにお願いします。
お名前の漢字で旧字体のある方は備考欄に字形について記載下さい。

名前(卒業期) (必須):
入力例:多摩太郎(24期)
メールアドレス (必須):
以下送付先情報
郵便番号(必須):
住所(都道府県)(必須):
住所(市区町村)(必須):
住所(番地以下)(必須):
電話番号(必須):
振込金融機関(必須):
備考通信欄


料金1,000円(送料、税込)をお振込みください。入金が確認でき次第、順次発送させていただきます。なお、振込手数料は、ご負担ください。
 
 
(振込先)以下の金融機関お選びください。
「神奈川県立多摩高等学校同窓会」の普通預金口座
・みずほ銀行 武蔵小杉支店 店番号378 口座番号2520341
・三菱東京UFJ銀行 武蔵小杉支店 店番号375 口座番号0005285
・横浜銀行 武蔵小杉支店 店番号824 口座番号1666098
 
・ゆうちょ銀行の場合
「カナガワケンリツタマコウトウガッコウ ドウソウカイ」当座預金口座
・ゆうちょ銀行 00280-9-68427
029店(ゼロニキュウ店) 店番号029 口座番号0068427
 
※振り込まれる際には、氏名に加えて卒業期のご記入(入力)をお願いします。また、インターネット経由で振り込まれた方は、ご住所(送付先)、氏名、卒業期、振り込み日をメールにて、info★tamadou.jp(★を@に変更してください。)あてにご連絡ください。
 
●創立60周年記念誌販売についてのお問い合わせは同窓会宛にお願いします。
※学校へお問合せを頂いても記念誌販売についての回答は出来ませんので、下記連絡先へお問合せ下さい。
 

※12月29日~1月3日まで記念誌の発送作業はお休みとさせていただきます

 
神奈川県立多摩高等学校同窓会事務局
TEL・FAX 044-920-9811
E-mail:info★tamadou.jp(★を@に変更してください。)