多摩高行事情報


ギターアンサンブル部は、昨年「全国学校ギター合奏コンクール2021」で最優秀賞を受賞しました!全国1位です!
http://www.jsgec.net/contents/exresult2021.shtml

2022.6.17(金)フジテレビ「めざましテレビ」の「キラビト」のコーナーに、多摩高ギターアンサンブル部が出演し、コンクールの様子、素晴らしいギター合奏、日頃の活動の様子が放送されました。
放送時間は約2分ですが、取材、収録には4時間かかったとのこと。

【多摩高60周年記念誌販売】のお知らせです。
記念誌添付のDVDは懐かしい旧校舎の360度動画のBGMとして、ギターアンサンブル部、合唱部、吹奏楽部の演奏を収録。DVD、送料込み税込1,000円で実費販売中です。
https://www.tamadou.jp/infomation/1017/
※コンクール時の演奏ではありません。ご了承ください。






























 

2022.6.16、第58回合唱コンクールが行われ、同窓会より審査員として参加させていただきました。

結果は、
第1位  3年2組
第2位  3年7組
第3位  3年6組 上位は3年生なんですね~。
4位~6位は3年3組、3年5組、3年1組がつづきます。
第7位に2年3組が入る大健闘でした!
合唱部のアトラクションが素晴らしかったとのこと♬さすがです!

多摩高同窓会は学校からの要請により、行事の審査員など母校の運営に協力させていただいております。














毎年2月の第1土曜日に、野球部OB・OG、野球部を応援する同窓生にご参加いただき開催している「多摩高新年会(野球部OB会主催)」ですが、2022年(令和4年)の新年会も新型コロナウイルス変異株(オミクロン株)の感染拡大等の状況を鑑み、中止とすることに決定いたしました。

皆さまに寄付いただいた野球部グランドの観客席・ベンチの工事予定、多摩高野球部OBメンバーを中心とした野球チームの立ち上げなど、直接ご報告申し上げたいところですが、別途ご報告していきたいと考えております。

また、来春以降、現役野球部の公式戦が観戦可能な状況になりましたら、ぜひ、応援よろしくお願いします。
再来年の新年会開催予定に関しては、詳細が決まり次第こちらのホームページでご案内させていただきます。

 
野球部OB会事務局長 矢島 
 

※写真は、2020/2/1開催時の若手集合写真です。

 

2020年10月5日、カルッツ川崎にて、多摩高芸術祭が行われました。
芸術祭は、今年度の新型コロナウイルス感染症対策における行事に関するガイドライン等にそって、合唱コンクール、文化祭に代わる新たな行事として行われました。

1席ずつ空けての着席、入場時の検温、消毒及び館内のマスク着用は完全徹底されていました。

ギターアンサンブル部、ダンスドリル部、吹奏楽部は舞台上での実演。
合唱部ほか、クラス、有志での演目は、あらかじめ録画された映像披露と工夫が凝らされていました。

行事のあり方が変わったため、文化祭実行委員長が映像編集長に、合唱コン実行委員長がクラス対抗準備委員長に変更になりましたが、気を取り直して短い時間で仕上げたとのことです。

準備に関わるメンバーもかなり多く、生徒総動員で作った芸術祭でした。
最後に「繋がりの大切さと感謝の気持ち」と挨拶された実行委員長 鶴田さんの言葉が印象的でした。

多摩高同窓会から、副会長の高山和之氏(32期)が列席させていただき、来賓として、水谷川崎区長(21期)、PTA会長とともにご紹介いただきました。

心が動かされる素晴らしい芸術祭でした。ありがとうございました。
















 

2020年9月9日、多摩高の体育祭が行われました。

新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、騎馬戦、棒倒しは中止し、新種目に変更するなど創意工夫のなか実施されました。

総合結果は、
1位 夏組 
2位 春組
3位 秋組
4位 冬組 となりました!

本年度は、合唱コンクール(別行事として検討)、大師強歩も中止が決定しておりますので、3年生にとってこの体育祭は思い出深い行事となったことでしょう。

多摩高同窓会から審査員として、安部事務局長が列席しました。




 

令和2年度の学校行事について

引く続き、新型コロナウイルス感染症対策を行うこと等から以下のとおりとなったことをお知らせいたします。

・体育祭ー実施(種目・時間など検討)
・合唱コンクールー中止(新たな行事として実施)
・大師強歩ー中止

※実施される行事につきましては、参観はできません。



 

早慶戦観戦 多摩高63期

2019年11月03日(日) | コメント(0)

早慶戦観戦 多摩高63期


2019/11/2 東京六大学野球、早慶戦を観戦しました。
多摩高1、2年生、OB会から東京六大学野球経験者、17期 中野(立教_主将)、51期 森田(慶應)も同行しました。

現役選手は、試合中にメモを取るなど熱心に観戦していました。
卒業後も大学野球で活躍してくれることを楽しみにしています。

試合は、森田の母校 慶大野球部が郡司選手の2打席連続本塁打を放つ活躍で3季ぶり37回目の優勝を決めました。
2019秋季リーグ戦 慶大優勝(3季ぶり37回目)


51期 森田(慶大野球部)の手記は、こちら
17期 中野(立教_主将)の手記は、こちら です。是非、ご覧ください。





多摩高51期 森田(多摩高→慶応義塾大学)




番外編 差し入れのお弁当

 


2019年多摩高祭

8/31、9/1 文化祭
9/7 体育祭 が行われました。

多摩高同窓会では、毎年審査員をさせていただいております
今年は、山田大輔副会長(39期)野球部、秋組団長が審査員をつとめました。

写真は、文化祭の支援、体育祭の審査員をさせていただいた時に撮影したものです。
※高校生には配慮しておりますが、問題ありましたらご連絡ください。

体育祭



文化祭




 

6月16日(日)13:00~13:20ラゾーナ川崎プラザで開催される神奈川県主催のイベントに母校合唱部が県警音楽隊他とともに出演します。このイベントは川崎市ラグビーフットボール協会(会長・橋本哲夫さん(多摩高校10期生))等の協力で開催されます。詳細は以下のとおりです。
 
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/tz5/documents/kawasaki.pdf
 4月5日、入学式を祝うかのように咲き誇る二ケ領用水宿河原の桜が満開のなか、第64回入学式が母校体育館で挙行されました。吹奏楽部の勇壮な演奏のなか、青色の「ブタピン」を身につけた279名の新入生が希望に胸をふくらませ入場し、合唱部の「ハレルヤ」の美しい歌声が響きわたり、式がはじまりました。
 5年目をむかえた福田校長は「先週、多摩高は文部科学省からスーパーサイエンス・ハイスクールに指定されました。これにより教育課程を一部変更し、論理的に考え未知の分野に挑戦し活躍できる人材を育成することとしました。本校のモットーである質実剛健・自重自恃の意味をかみしめてください。2万人の卒業生のあたたかいまなざしが皆さんにそそがれています」と新入生に期待をよせました。
 続いて殿川同窓会長は「受け身にならずに積極的に、1人1人が責任をもった行動をし、前向きな姿勢で学生生活にとりくんでください。幅広く学び経験することにより教養を身につけて、見識・人格を磨いてください。」と激励の言葉をよせるとともに、同窓会のネットワーク活動についても紹介しました。
 PTA会長の祝辞に続いて、新入生代表が「3年間、悔いのないよう努力していきます」と力強く誓いの言葉をのべました。
 吹奏楽部と合唱部により校歌が披露され、参列した多数の保護者があたたかく見守るなか、64期生が多摩高生としての第一歩を力強くふみだしました。今後の成長にエールをおくりたいと思います。