57期

57期

多摩高校野球部ありがとう 57期手記 主将 清原聖也


 
(2014.7.13)
2アウトをとった。
明らかに気持ちは次の攻撃に向かっていた。
その矢先、大飛球が自分の頭上を超えて行った。レフトの日詰がフェンスにもたれかかるのを見て周りを確認すると、グランドの皆、ベンチの皆、そしてマネージャーの五十嵐。
全員が下を向き、涙を流していた。
自分は状況が全く読めなかった。

3年の春の大会。
川崎北 麻生 川崎工科
組み合わせが決まった時監督には少し笑われて、簡単ではないと言われた。しかし、自分は必ず勝てるだろうと思っていた。主将にあったにも関わらずその思いは少し慢心であったのかもしれない。結果は予選敗退。川崎工科とは5-20での敗戦。

春の大会以降その川崎工科との試合のショックが大きすぎて、もうこのチームで野球なんかしたくない。
そんな風におもい。練習も身に入らないような日々が続いた。
だが、仲間はそんな自分の様子に気づいてくれた。何人かから言葉をもらって励まされた。
こいつらのために頑張らなくちゃ
そう思ったら前を向けるようになった。

しかし結果、夏の大会も皆を勝たせてあげることはできなかった。
主将としてもっとたくさんできたことがあったのではないかと振り返りはじめると、敗戦の実感が湧いてきた。みんなともう野球ができない。
もう部室で馬鹿やることもない。
そんな全てのことが今の自分の思い出で、今の自分を作っている大切なことだなんて時間が経ってからしか気づけなかった。

高校野球生活本当に多くの人に支えられてきた。
監督、コーチ 57期の皆、
58期59期の後輩達。後輩のみんな本当にありがとう。勝たせてあげれなくてごめん。お前らの夏の勝利心から祈ってるし応援してるよ。

そして高校までの野球人生を考えれば必ずライバルがいた。野球というものを通してたくさんの人と出会った。そんな他校にもライバルがいたから自分はここまでこれた。

自分は上でも野球をやります。
もう一度自分の可能性にかけて、
その他校のライバルに勝ちたいと思っています。
またどこかで清原聖也の名が耳に入るように必ずがんばります。

多摩高校野球部ありがとう
今の自分があるのは多摩高校野球部のおかげです。
ずっと応援し続けます。
本当沢山の迷惑をおかけしましたがありがとうございました!

 
57期主将 清原 聖也

多摩高野球部ブログより転載

コメントする