65期

多摩高校野球部65期手記 マネージャー佐伯美月


野球には流れがある。
それはあの試合を見ている誰もがわかったことだった。
7月13日。
「大好きで大切な選手達の試合を見ることはもうできない」
私達の夏が終わった。



私の家系は野球一家で小さい頃から家にいろんな野球道具があり、野球を見て育ってきた。兄が高校生になり高校野球観戦が毎週末の日課だった。そこで二人のマネージャーさんに出会った。兄の代のマネさんは忙しくても必ず私の相手をしてくれた。「お手伝いする?」そう声をかけてもらって、初めてマネージャーの仕事をし、とても楽しかった。二人のマネさんが走り回って選手のサポートをする姿が本当に輝いてみえ、私の目標となった。私は小学生の頃、高校野球のマネージャーになると決めた。あの頃出会えた二人の先輩マネさんは、マネの凄さと楽しさを教えてくれた。出会えたことで今の私がある。感謝してもしきれない。



高校1年の春、コロナで自粛となり部活動どころか学校もなかった。やっと仮入部が始まったのは6月だった。そこで出会った野球部のみんな。はじめは女子が一人であることに不安しか感じなかった。始めた頃はスコアもかけず、練習もどこまで手伝ったらいいのかわからずにずっとグランドに立っていた。私がいる意味を考え行動できるようになったのは代替わりしてからだったなとおもう。辛くなかったといえば嘘になるが私が辛かったことなんかよりも、もっと選手たちは辛く苦しい日々を頑張って努力して過ごしてきた。みんなの1番近くで一緒に過ごすことができた幸せは他の何にも変えられない大切な宝物となった。



64期は、常に気を遣ってくれて話しかけてくれるとても優しくて面白い先輩方。マネさんがいない中、選手だけで大変だったはずなのに、楽しそうに野球をする姿、仲間を大切にして気遣う姿、全部本当にかっこよかった。
66期は、部員3人にマネもいないという少人数で、それぞれに課される役割が重い中、先輩の試合に一年生の頃から出てプレッシャーもあっただろう。それでも、ずっと楽しそうに野球をやって、朝練のない日も早く学校にきてティーを打ったりしていた。素敵な後輩に恵まれたなと思った。

67期は、6人の部員と待望のマネージャーが1人入ってくれた。マネが入ってくれたことは本当に嬉しかった。大変できついと思うが最後まで続けて、楽しかったと言えるまで頑張って欲しい!67期!優秀でかわいいマネさんを、大切にして!
そして65期。
本当に野球が大好きで、ひたむきに練習するその姿は本当にかっこよかった。いい球を投げることができた瞬間、いい音を響かせてホームランを打ったその瞬間の出来事が鮮明にそしてキラッキラに輝いて心の中に残っている。私が一番好きなのはみんながヒットを打ったときに見せてくれる全力のガッツポーズ!!それは、その一本を打つために何本もティーを打ち、何百回と素振りをしてきた証だった。その過程を見てきた私にとって、ガッツポーズはみんなが見せる最高の喜びでとても嬉しかった。そして、練習メニューは全力でこなし、1分でも長く練習をするためにどの部活よりも早くグラウンドに入り、顧問の先生から「暗いからもうやめな」と言われるまで続けるその姿。心の底から「すごいな」と思って誇らしかった。練習試合のたびに楽しくて楽しくて仕方なかった。冬の練習もみんなと過ごすと暖かくあっという間だった。みんなのマネになれてよかった。みんなと過ごした2年間は誰よりも充実していたし、どんなJKよりも青春を謳歌してきたと思う!本当に、出会えて良かった。


最後にずっと応援に来てくれた両親。マネージャーになる事は大変なことだと言われ続けて、それでもやると宣言したあの日からずっと味方でそばにいてくれた。私がここまで頑張れたのは両親のおかげだと思う。やりたいと言ったことを必ず応援してくれる存在は、私の中で本当にかけがえのない大切な大きな味方だった。ありがとう。

高校野球はここで終わるが、これからの人生のための経験となった。私が辛いときに声を掛けてくれた学校の友達。色んな意見を交換しあって、一緒に部員を応援した顧問の先生方。あげればキリがないが、私は本当にいろんな人に支えられてここまでこれた。何か一つのことをやり遂げることの難しさも自分ではない他の人へ尽くすことの素晴らしさも、いろんな意見を聞き入れて自分の引き出しとして持って過ごしていく大切さも全部マネージャーをやりきったことで経験できた。マネージャーになって良かった。多摩高校で野球ができて本当に良かった。

 
65期マネージャー 佐伯美月 
 
コメント(1)

65期生より、最後の夏大会を終えて


初戦敗退となってしまいました。たくさんの応援ありがとうございました。
ダンスドリル部、吹奏楽部をはじめとする先生方、生徒のみなさん!本当に応援が力となりました♪
バッターボックスに立つ一人一人が主役となり輝けました!
このチームは新チームになってから1から作り上げた多摩高新チームです。
走塁でかきまわす!足の速い選手、盗むのがうまい選手それぞれにうまいところがあって、活かせるのが走塁でした。秋の大会から軸はブレずに練習を続けてきました。秋の悔しい結果を春に活かして夏に繋げる練習を全員でしてきました。チーム全員が野球が本当に大好きで65期のことが大好きでした。
少しだけでも長くみんなともっと野球がしたかったです。

今まで、ずっと応援してくれていた保護者のみなさん、ありがとうございました。大好きな野球を高校まで続けることができたこと、最高の仲間に出会える環境を作ってくれたこと、一生ものの時間を過ごすために無条件に応援し続けてくれたこと全部全部感謝してもしきれません。お忙しい中HOMEでの練習試合の際SBOや得点版などサポートに加え温かい声援すべてが力となりました。
本当にありがとうございました。

このチームはこれが最後となりますが、次の代の応援もずっとずっとよろしくお願いします。これからも最高のチームを作ってくれるはずです! 
野球部65期公式インスタグラム(@65_baseballより)

  
コメント(0)