OB・OG会

平成24年度 第94回全国高校野球選手権神奈川大会 (55期)


多摩 2-3で浅野に惜敗!】
7月15日、炎天下の相模原球場。ゲーム開始直後から必死の応援を繰り広げる一塁側の多摩の大応援団。現役生・父母会・野球部OB・同窓会などが声をからしての応援がくりひろげられた。
3回表、浅野に2点の先制を許した多摩。すかさず4回裏に集中打で追いついた。
迎えた6回裏、逆転の好機は併殺でつぶすも、押し気味でゲームが推移する。しかし9回表に四球をあしがかりに追加点を許してしまった。その裏2死3塁で同点の絶好のチャンスをむかえるものの惜しくもバットは空をきった。両チーム無失策の引き締まった熱戦が幕を閉じ、残念ながら2回戦敗退。
一回戦コールド勝ちの浅野に対して安打数でうわまわり互角以上の戦いを終えた多摩。応援団に深々と一礼する汗と涙が光る野球部員に対して健闘をたたえる大きな拍手が送られた。
   
 敗れはしても、一生懸命応援して満足でした!

 
コメント(0)

平成23年度 第93回全国高校野球選手権神奈川大会 (54期)


【多摩高初戦で敗れる!】
第93回全国高校野球選手権神奈川大会1回戦 多摩高対大津高戦が7月14日(木)11:00から横須賀球場で行われました。猛暑炎天の快晴の中、高校応援団・吹奏楽部・野球部OBそして父兄など多数の方々が応援に駆け付け選手たちを応援しました。選手たちは、のびのびとプレーしましたが、4回に、緊張からちょっとしたミスをして、これが次々と連鎖を引き起こしてしまい大量失点してしまった。多摩は9安打を放ち、必至に食い下がったが、前半の失点が大きく響き、わずか2安打の大津高校に緒戦敗退となった。(観戦記:石井)
先発
1 右翼 倉持
2 三塁 武内
3 左翼 本田
4 一塁 梅原
5 遊撃 眞島
6 投手 池谷
7 捕手 篠原
8 二塁 吉田
9 中堅 小岩
試合経過

1回表  三者凡退。

2回表  大津の投手の変化球に戸惑い三者凡退。

3回表  1死後篠原が内野安打で出塁し、2塁まで進むが後続を断たれ得点ならず。

4回表  武内、本田の連続ヒットで1死2、3塁とするが、決定打が出ず得点ならず。

4回裏  ヒット、四球、死球と連鎖的なエラーが重なり、大量4点の失点。

5回裏  ヒット、盗塁から野選で1点を失点。


6回表  2死から、本田が四球で出塁し、梅原右翼前ヒット、眞島左翼前ヒット、池谷二遊間へ鮮やかなヒットを放ち、2点の得点。

7回裏  投手、アンダースローの三木が登板。0点に抑える。

7回表  小岩右翼前ヒットで出て、2死2塁に本田が中堅前ヒットで1点を追加。

8回裏  エラーがらみで1点を失点。

8回表  眞島がヒットで出て、1死後島田が左中間3塁打で1点を返し、チャンスが続くが後続を断たれて1点どまり。

9回表  最終回三木が四球で出塁し、続く根本が2塁へ強烈に打ち返すが、好捕されてダブルプレーとなり、期待が打ち砕かれた。   

 
コメント(0)

平成22年度 第92回全国高校野球選手権神奈川大会 (53期)

【強豪・横浜創学館に挑む】
第2回戦は平塚球場で、横浜創学館と対戦しました。強豪相手に善戦しましたが、3回、4回に大量失点し、ザンネンながら5回コールドで敗退しました。


【多摩高一回戦勝利!】
第92回全国高校野球選手権神奈川大会1回戦 多摩高対茅ヶ崎北陵戦が7月12日(月)12:00から藤沢・八部球場
で行われました。強風と時折強い雨が降る中、父母会応援団・野球部OBなど多数の方々が応援に駆け付け、選手たちは、その期待に応え見事6-5で勝利しました。

先発
1 二塁 後藤                        
2 中堅 杉本
3 一塁 本田 
4 捕手 加藤
5 右翼 番場
6 投手 河本  
7 左翼 阿部
8 遊撃 宮武
9 三塁 福島

試合経過
3回表
4番加藤の3塁打で2先取

6回表
7番阿部タイムリーヒット1点追加

6回裏
北陵に3塁打され、そのあと犠牲フライで1点返される

8回表
ヒット・デッドボールで1・2塁 7番阿部タイムリーヒット1点追加、なおも8番宮武ショートゴロを相手方エラーで1点、そしてデッドボールののち満塁で1番後藤がヒットして1点追加 合計6点
 

9回裏
北陵側の本塁打で1点差につめ寄られるが、チーム一丸となって踏ん張り、北陵の追撃をかわし、勝利しました。最後まで緊迫して、応援団をハラハラさせましたが、見事2回戦に進出を決めました。(観戦記:金作)

2回戦は7月15日 14:30~  平塚球場  相手は、第1シード 横浜創学館です。
コメント(0)